相互リンク先の最新記事一覧!

【近親相姦】夢の中で妹の処女を奪って犯して・・・それが現実になってしまった【血縁SEX】

「兄ちゃん!もっと入れてぇ!ああーん!痛いよぉ・・・でもお兄ちゃんのこと大好きぃ」

「マサミ、兄ちゃんもだぞ」

「兄ちゃんのオチンチンがマサミの中にいっぱいはいってるぅ!たくさん入れてぇ!」

俺はマサミのマンコにチンコを出し入れしまくった。

おれが処女を奪った妹。チンコで処女膜を突き破って、マサミの中に突っ込んだ。

そして、チンコを突き入れてた。

「あ!あ!痛いよぉ!痛いよぉ!兄ちゃん!兄ちゃん!でも、もっとしてえ!」

俺は妹の上で、腰を振りまくってた。

妹の処女マンコは血だらけだった。

やっと俺のものになった!!

「マサミぃ!中に出すぞ!いいな!」

「う・・うん!うん!いっぱい出してぇ!兄ちゃん!兄ちゃん!」

最後の一突きをして、マサミの膣奥に精液をたっぷり注入してやった。

「兄ちゃんのザーメン!出てるぅ!出てるぅ!たくさんマサミに出してぇ~」

満足感で満たされた。と、バスン!!いきなり俺の顔面が何かで強烈に叩かれた。


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

2018年1月3日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】夫のエッチな悪戯【血縁SEX】

私は夫(35歳)のエッチな悪戯を教えたいと思います。

結婚10年を迎え、子供も9歳と7歳になります。

公務員と言う職業柄なのか?(メガネの影響?)世間的には真面目な方ですね!

って言われる夫ですが、凄くエッチで私にエッチな悪戯をしてくるんです。以前、家族で海へ遊びに出掛けたんですが、私が用意していたビキニをいつの間にか

別の物にすり替えられていた事がありました。

バックの中を見ると、見覚えの無い色のビキニ!手に取って見ると明らかに生地が小さく

しかも薄いんです。

「何これ!あなた変えたわね!」

「知らないよ」

そう言って誤魔化す夫でしたが、夫以外考えられません。

子供も楽しみにしていたので、取りあえず付けてみると、胸(F)は半分位しか隠れませんし、

アソコの生地も小さくお尻の肉がほとんど露出してしまいます。

しかも生地が薄く、毛が透けて見えてしまいます。

人気が少ない場所でしたので、そのまま海へ向かいましたが、他の男性達の視線を

一日中感じていました。


体験談関連タグ

||||||||||||||||

2018年1月2日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】やむなく、弟と一緒の行動【血縁SEX】

            

            

 震災後、10日目に、祖母の友人が車で迎えにきた。両親に見送られ、祖母と3歳年下の弟と3人で避難施設を発った。見知らぬ土地で4ケ月間、祖母の友人宅でお世話になることに。古い離れの建物、電気も水道も使えたけど、風呂がなかった。

 その日の夕方、銭湯に行くのに、祖母の友人も一緒に付いて来てくれた。弟が「小学生だったよね?」って聞かれて、弟は当時5年生だった。一緒に女湯入って大丈夫だねって言われた。

 弟が困った顔で、どうしようって聞く。どうしようもない、知らない土地で言う通りにするしかないでしょ、きょろきょろ見ない、恥ずかしそうにしない、そう言ったけど。

 弟と並んで服を脱いでて、まわりの人たちの言葉が全然ちがう、これからどうなるんだろうって、私、また涙ぐんだ。

 体を洗いながら、弟が私のエッチを見てるの気が付いた。やだ、見ないでって、笑いながら言ったけど、でも、これから不便な生活が続くわけで、エッチな弟なんか、いちいち気にしてられない。昨日までの避難施設の生活よりは、ずっとマシ。

 浴槽に弟と一緒に浸かって、久しぶりのゆったり入浴で、感激だった。まわりの大人の言葉、何言ってるのかほとんどわからない、けどここには、忙しくても落着いた、普通の生活があった。

 むこう向きで、タオルで足を拭いて屈んでる人がいて、お尻や股の内側が丸見えに。弟がぼーっと見てる。だめだよって注意する気にもなれなくて、私もぼーっとしてた。

 まわりの大人の女性、弟がいても気にする様子は無い、最初はそう思った。後で弟が、ぼくが見ても、みんな気にしなかったよって、笑いながら言う。

 でも私、だんだんわかった、弟の視線に、内心どぎまぎしてた人、けっこういた。見ないのって、弟に言ったのに。

 迷惑そうに見返してる人もいたけど、うちらは震災避難なので、こういうのはしょうがない。

 女の人たち、やはり、弟のおちんちん見てた。横目で、ちょっと視線を止めて覗き見されて、これもやはり、しょうがない。

 ずっと遠巻きにしてた女の子が3、4人、弟に近づいて、ちんちんをにやにや見て。きょとんとしてる弟。「何年生?」って聞かれて、「5年生」って弟が答えて、きゃははって、女の子たちが笑う。笑われてた弟が可哀想だった。

 「あいつらのエッチ、つるつるだよね」小声で言ってた弟、無理に明るい顔して。


体験談関連タグ

|||||||

2018年1月2日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【レイプ】女性センターの悪夢③【鬼畜】

 沙耶さんが、ジーンズで僕の腹にまたがりました。乗馬のようです。 「はい、あ~んしてごらん」

 沙耶さんが言いました。脱がしたてのパンツを、僕に食べさせて、猿ぐつわにしようとしています。

 僕は、最後に残されたプライドで、それを拒みました。 すると、彼女、フルスウィングで僕の顔面を叩きました。

 何度も。 いたい痛い!!やめて、ゆるして・・・・ 「どうせ、逆らっても、無駄なのに」

 女子高生の奈津子さんが言いました。完全に人を見下したセリフです。 全身があわ立つような屈辱感ですが、確かにどうすることもできません。

 「ほら、口開けて」

 沙耶さんの二度目の命令には逆らえずに、僕は自分のパンツを口の中に押し込まれた上、ガムテープで封印され、声も出せずにしくしくと泣きました。 女性たちは、キャアキャア言いながら僕の下半身に群がっています。

 お願いだから、これ以上ひどいことはしないで・・・・。 その僕の希望をあざけるように、沙耶さんが言いました。

 「さぁて、ここから、どうやってイジメてやるかな」

 彼女の二人の子供が、目をきらきらさせて、僕を見ています。 「二度と、痴漢行為を出来ないようにする必要があるわ」

 女子高生の奈津子さんが言いました。 「それじゃ、オチンチンを、切る、とかね」

 若い母親の一人が言いました。 「麻酔なしで、ちょきん!!」

 指ではさみの形を作って、言います。 「アハハ・・そりゃ残酷だわ」

 「だって、ここまで脱がしておいて、当然おちんちんを責めるつもりなんでしょ」

 「そうだけど、おしっこが出来なかったら、死んじゃうわよ」


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||

2018年1月2日 | 体験談カテゴリ:レイプ体験談

【近親相姦】真夏の夜の夢[22]【血縁SEX】

 マサルのそれの先端は小さな宝石を乗せたかのようにきらきらと輝く。かなり濡れてきているようだった。

それは私が指を動かすたびに微かにクチュ、クチュと官能的な音をたてる。ミサキも私も身を乗り出しその先

端に見入っていた。ミサキの手はタマから離れ、太ももの内側へと滑り込んでいく。マサルは少し腰を宙に浮

かすように反り返ったり、そうすると思うと引いたりした。頭をしばし左右に動かすこともある。よく起きな

いな……、そう思ってもしかたがなかった。マサルの快感は体全体で表されていたのだから。

「マサル動きまくり……」、ミサキは呟いた。

 それを小刻みに動かす指にも湿り気を感じる。細くそり立つ棒の裏側から先端に蓄えられた汁が流れだして

いた。クチュ、クチュ……。私はもう一方の手の平でタマを包み込み、中身を確かめるようにそっとなでる。

クチュ、クチュ……。額から流れる汗が眼に入り視界が霞む。それでも私は両の手を休めることはしなかった。

もう少し……、もう少し……。

 もう私の二、三本の指はベトベトに濡れていた。マサルの汁……、私はマサルの顔を眺めた。前髪は汗でぐっ

しょりし額に張り付いている。その隙間から少し薄すぎる眉毛がへの字を描いている。八重歯の覗く口からはも

う絶えず「はぁ、はぁ」という息の音が聞こえる。鼻の上にはわずかに水滴が見える。こんなに幼い子もここま

で感じるものなのか……。

 クチュ、クチュ……。マサルのそれはもうツルツルとして手から滑り落ちてしまいそうなまでに濡れていた。


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||

2018年1月2日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】「妹と姫初め」(妹と同居を始めた)【血縁SEX】

今年の元旦に妹のノリと姫初めをしてしまい、その後は妹とセックスを繰り返した。

そして、賃貸マンションを借り、妹と同居を開始してもうじき3週間になる。

まるで新婚夫婦みたいな感じになってしまって、このままでは実質兄妹の近親相姦夫婦になってしまいそうな状態だ。3月下旬に物件を見つけて、さっさと契約した。

ノリも一緒についてきて、二人の新居をあちこちと探しまくった。

まあ、築5年の新しい物件が見つかり、4月12日、13日で引っ越しをして同居を開始した。

まあ、片付けやソファ、テレビや電話とかの関係もあって、14日、15日と2人とも休みをとってだった。

3LDKで家賃が11万円。俺が7万、妹が4万出すこととした。

ノリの部屋は6.5畳、俺が7畳の部屋をそれぞれの部屋として、もう一部屋は共通の部屋とした。

もちろんリビング、キッチン、風呂、トイレは共通だ。

家電やリビング用品も二人で貯金を出し合って買った。引っ越しが終わって最初の夜。

「お兄ちゃん、これからはたくさんノリと一緒にいる時間ができるね!」

「おお!本当に良かったよ。大好きなノリがいつもそばにいるもんな。」

「ねえ・・・お兄ちゃん、たくさんノリのこと愛してね?・・・キスしよっ?」

ダンボールの山の中で抱きあって、ずっとキスした。

誰が見てもラブラブカップルにしか見えない。


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||

2018年1月2日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【レイプ】女子生徒に虐められる教師【鬼畜】

孝介は女子高校の教師をしている。

新婚ホヤホヤで昨日も奥さんと燃える夜を過ごして

とても満足していた。

今日もいつも通り教室に入ったが、いつもと何だか様子が違う。

何だ?どうしたんだ?と問う孝介。

先生!一人の生徒が手を挙げた。

私たち全員で相談した結果決めました。

先生のおちんちんが見たいです!

え?何言ってんだ。孝介は冗談ぽく流そうとしたが

冗談じゃないですよ。全員一致の意見なんです。

そんなの冗談に決まってるだろ。早く座れ。

嫌です。全員が前に集まってきた。

な、何だ?ズボン脱がしてください。何だと?

全員で孝介のネクタイを外し、シャツを脱がす。

ベルトに手をかけズボンを下ろした。


体験談関連タグ

|||||

2018年1月2日 | 体験談カテゴリ:レイプ体験談

【近親相姦】義理の兄との秘密4【血縁SEX】

私は兄のペニスを握り締め上下に泡で手を滑らせると、兄は、えっ、そこは大丈夫だよ自分で洗うから、といいながらも、気持ち良さそうな顔をして、さらにペニスを固くして、じゃあ今度は、俺が洗ってあげるよ、と言って私の背中を優しく洗い始めたので、私はそのソフトタッチに感じてしまい、気付くと、右手を後ろに回し、兄のペニスを握って、また上下に滑らせてしまうと、兄も私の胸に手を伸ばし、優しくタッチするように滑らせ、その手は徐々に下半身へと、そしてついに、兄の指先は私の割れ目へ、スジに沿って滑らせると、私は思わず、あっあんと声を漏らすと、兄はさらに割れ目の中へ指を滑らせ、耳元で、ずっと前から、○○ちゃんのことが欲しかったんだよ、今日は夢のようだよ、といいながら、今度は私のお尻を両手で広げ、固くなったペニスをバックから、挿入しようとしてきたので、私は初めてだからここじゃいや、と言うと、兄はごめんわかった、と言ってくれて、また優しく愛撫され、シャワーでお互い流して、そのまま私のベッドへ行きました。続く

体験談関連タグ

|||||||

2018年1月1日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】義母と初エッチ【血縁SEX】

.

俺が体調不良で会社を休んだ日、義母が食事の世話や看病をしてくれた。

義母が 「健さん 具合はどう?」 と俺のおでこに触ってきた時に 

俺が 「ハーイ お蔭さまで~す」 と、その手を握って抱き寄せたら、

義母も 「よかったね」と肩を抱き返し、そのままベッドに倒れ込んだ。 

ふざけ半分で体を重ねて、義母のシャツの上からオッパイを撫でても

義母は、笑顔で 俺の為すがままになっているので

シャツの下から手を入れて、素肌のオッパイを揉むと

義母も、俺の首に抱き付いて来て、お互いに唇を吸い合う。 

俺が義母のベルトを緩めたら 「体調は大丈夫?」 と俺に気を遣いながら

腰を上げ、ズボンやパンティーを脱がせ易く してくれた。

ズボンやパンティー、ついでにシャツも脱がせたら ノーブラだった。

俺も、素っ裸になって義母に抱き付いていった。 

口を吸い合い、オッパイを揉み…その手を徐々に下の方に這わせて

花びらを、指で撫でながら かき分けて指先を差し込む・・・


体験談関連タグ

|||||||

2018年1月1日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談

【近親相姦】真夏の夜の女性[9]【血縁SEX】

 マサルはすべてを飲み干すとグラスを持って立ち上がり台所へと歩いて行く。

「あれ、マサル、少し背伸びた?」、私は自然を装うためではなく、本当にそう思い言った。

「伸びてないよ。もう、そうやって期待させてさ」

「うそ、伸びたよ。ほら、夏の前の身体測定どうだったのよ?」

「えー、聞いちゃうんだー。うーん、まあ、143だけど……。でもそれ春だからもう少しはあ

ると思うけど……」、マサルはそう言うと照れ臭そうに前髪をいじる。それじゃあ今は145セ

ンチくらいってところか。それでも結構な進歩だ。

「クラスでまだ一番チビなの?」

「おい、チビとか言うなよ。まあ、まだね」、そう言うとマサルは扉の方へ歩いて行く。

「まだね」か。私は訳もなくそれに共感していた。

「ほら、早く寝ちゃいなさいよ」、私は言った。

「はいほー」、マサルはタオルを拾い上げるとそれを来たときと同じように肩に掛け、

部屋をあとにした。

 ミサキがお風呂から上がり居間に入ってきたのはそれから五分もたたないうちのこと

だった。ミサキは居間を一周確認するように眺め、マサルがもういないことを知るとさ


体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

2018年1月1日 | 体験談カテゴリ:近親相姦体験談
3 / 1,29912345...102030...最後 »

このページの先頭へ