相互リンク先の最新記事一覧!

【恐怖】ナナシ【危険】

<>595本当にあった怖い名無し2007/07/28(土)22:38:04ID:BU8a3ua+O<>

今から数年前,僕と僕の友人だった人間が、学生だったころの話。ときは夏休み、自由研究のため、友人…仮にナナシとするが、僕はそのナナシと、

「心霊現象」について調べることにした。

ナナシはいつもヘラヘラしてるお調子者で、どちらかといえば人気者タイプの男だった。

いるかいないかわからないような陰の薄い僕と、何故あんなにウマがあったのかは、今となってはわからないが、とにかく僕らはなんとなく仲がよかった。

なので自由研究も、自然と二人の共同研究の形になった。



また、心霊現象を調べようと持ち掛けたのは、他ならぬナナシだった。

「夏だし、いいじゃん。な?な?」

しつこいくらいに話を持ち掛けるナナシに、若干不気味さを感じながらも、断る理由は無かったし、僕はあっさりOKした。

そのとき僕は、ナナシはそんなにオカルト好きだったのか、そりゃ意外な事実だな、なんて、くだらないことを考えていた。



「どこ行く?伊勢神トンネルとか?」

僕は自分でも知っている心霊スポットを口にした。

しかしナナシは首を横に振った。


体験談関連タグ



2015年6月22日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【泣ける】色とりどりの花が咲く【感動】

<>459:名無しさん@生活サロン板できました:04/10/1118:17:17ID:GOor9QAY<>

徹夜勤務と人間関係で精神的にも肉体的にもボロボロになって、

電車に乗り、家路に向かっていた時の事。



その電車の中でコンタクトを落としてしまった。

お昼前の車両には乗客はほとんどおらず、私は四つん這いになって探していた。

駅に着き、扉が開くと、遠足帰りらしい幼稚園児の集団が乗り込んできた。



その中の1人が、私に向かい、「何してるの?」と聞いてきた。

私が「落し物したの」と言うと、「ぼく探してあげる」と、一緒になって探してくれた。

ふと見ると、30人ほどの園児と先生らしき人が全員でしゃがみこんで探してくれていた。

しかし、コンタクトはなかなか見つからず、遂に電車は終点に着いてしまった。



私が皆にお礼を言うと、園児の1人が、「これあげる」と小さな袋を差し出した。

見ると、花の種だった。私が「いいの?」と聞くと、「うん!」と笑顔で元気に答えてくれた。


体験談関連タグ


2015年6月21日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【泣ける】京大出身のボケじいさん【感動】

<>415名前:名無しさん@12周年[sage]投稿日:2011/11/24(木)12:49:02.23ID:12Qtzt6wP<>

うちのボケじいさんは、京大出身

しかし今では飯の回数すら数えられないほどのボケ老人。

どんな大学出たって、ボケる時はボケる。

で、最近はばあさんに向かって「毎日ご苦労様です。ありがとうございます」とお礼ばかり言ってる。

そんな状態が1年半くらい続いて、半月くらい前に

「こんなに親身になってくれる方はなかなかいらっしゃらない」

「貴方は素晴らしいお方だ。もし独り身なら、ぜひ結婚して欲しい」と言ってプロポーズしてた。

ばあさんが号泣して、おふくろが尾頭付きの鯛で2回目の結婚式と言ってお祝いしてた。

体験談関連タグ



2015年6月21日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【恐怖】【グロ注意】旦那が嫌いでたまりません【グロ注意】【危険】

グロ注意 グロ胸糞耐性の無い方はここで引き返してください

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.

.


体験談関連タグ

||

2015年6月21日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【恐怖】地方のスーパー【危険】

俺は地方のスーパーで働いてるんだ



心霊現象がよくある店で地下に精肉の加工場があるんだが

5時になると必ず作業をやめて売り場にでてくるんだ

何でも5時以降に切った肉は2時間足らずで黒く変色してくるそうだ



他にも女の霊を見ただとか自動ドアがかってに開くだとか

水道水の味が変わる日があるとか…



もういたる所に盛り塩がしてあっているだけで気が滅入る様な店だった



でも俺は霊が見えるわけでもないし 

少し皆が敏感になりすぎじゃないかと思っていたんだ



そんな俺にもついに怪現象に遭遇したんだ


体験談関連タグ


2015年6月21日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【泣ける】課長萌え〜【感動】

入社4年目で初めての結婚記念日の日。社内でトラブルが発生した。下手したら全員会社に泊まりになるかも知れないという修羅場なのに、結婚記念日なので帰らしてくださいとは絶対に言えなかった。5時を回った頃、T課長が俺を呼びつけ、封筒を渡して、

「これをK物産に届けろ」

と言う。K物産は、隣の県にある得意先で、今から車で出ても8時までに着けるかどうかすら分からない。

「届けたら直帰していいから」と言うが、直帰も何も、K物産に届けて家まで帰ったら、きっと11時は過ぎるだろう。



文句を言いたかったが、

「わかりました」

と言って封筒を預かった。中身を見ようとすると

「中身は車の中で見ろ。さっさと行け!」

とつれないT課長。不満たらたらの声で

「行ってきます」

というと、課内の同情の目に送られて駐車場へ向かった。車に乗り込み、封筒を開けると、一枚の紙切れが。

「結婚記念日おめでとう。今日はこのまま帰りなさい」

と書かれていた。会社に入って初めて泣いた。




体験談関連タグ



2015年6月20日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【泣ける】首吊り自殺失敗したった・・・・・・【感動】

<>1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水)21:56:05.39ID:HxBbuZcTO<>

つくづくツイてない





<>2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水)21:56:43.33ID:fK6Uf7iN0<>

いやツイてるだろ





<>5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水)21:58:51.46ID:HxBbuZcTO<>

いやいや、ツイてないっすよ。覚悟決めたのにさ







<>7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/25(水)22:00:13.78ID:F2ovLVsQ0<>

ちゃんとしたら失敗しねえよ


体験談関連タグ

|||

2015年6月20日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【恐怖】終電 【危険】

僕の家から会社までは、小さな私鉄の電車で約30分です。

都会では考えられないでしょうが、行きも帰りもほとんど座って通勤しています。

その電車で帰宅途中、無気味な出来事を体験しました。



その日、僕は部長の誘いで飲みに行き、12時前の終電にようやく間に合いました。

タクシーで帰ると1万円弱かかりますから、

とりあえず電車にのれた事でほっとしながら、座席に腰をおろしました。



田舎の事なので、終電といっても静かなものです。

どうやらこの車両には、僕ひとりのようでした。

僕は足を前の座席にのばすと、酔いのせいもあって、すぐに居眠り始めました。



何分くらいたったでしょうか。僕は、小さな声で目をさましまた。

くすくすと笑う声は、どうやら小さな子供と、若い母親のようです。

子供「ねえ、この電車もよくのったよね」


体験談関連タグ



2015年6月20日 | 体験談カテゴリ:恐怖体験談

【泣ける】ショベルヘッドのハーレー【感動】

<>210:774RR:2008/12/12(金)19:41:32ID:+BFhk1s2<>

もう20年ぐらい昔の話。オレのオヤジはバイクきちがいでショベルヘッドのハーレーに乗ってた。

ピカピカの新車で家に帰ってきた時のことは今でもはっきり覚えてる。

V字に開いたビカビカのエンジン。「ドッドコ、ドッドコ」とまるで生きているようなエンジン音。

むき出しのエンジンベルト。長く伸びたマフラー。圧倒的な存在感だった。

オヤジが「これがショベルだ」って言ってからうちではショベルと呼ばれるようになった。



オヤジは船員やってて2ヶ月ぐらい帰ってこないことも余裕であった。

滅多に家にいないレアキャラだったからオレ達兄弟からは絶大な人気だった。

うちはお袋も働いててオレは学童保育に預けられてたんだけど。

オヤジが休みの時はショベルで迎えに来てくれた。

あぶないからって理由だと思うけど、ショベルに乗せてもらえるのは長男のオレだけで

「先に生まれてよかった」といつも思ってた。



休みに入ると毎日のようにバイク仲間が数人きて朝からバイクいじってたりツーリングばっか行ってた。


体験談関連タグ

||

2015年6月19日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

【泣ける】伯母さん(母さん)【感動】

母親代わりだった伯母が亡くなった

44歳で一週間前に亡くなった。

少し気持ちも落ち着いてきた。

何でスレ立てようとしてるかもわかんないけど、

話聞いてくれないかな?



伯母が母親代わりになったのは、俺が3歳の時から。

父親が交通事故、母親が後追い自殺で、身寄りがなくなったんだ。

祖父母が施設に預けようと話していた時に、烈火の如く怒り、俺を預かってくれたのが伯母なんだ。

父親が今で言うDQNで、母親は妊娠したから結婚しちゃった的な人間だったらしい。

なので、父親側の祖父母も、母親側の祖父母も俺のことを嫌っていた。

伯母は母親の姉にあたる人ね。

俺が今25歳。伯母は俺を預かった時22歳ぐらい。



伯母は結婚もしていないのに俺を預かり、


体験談関連タグ

|||||||

2015年6月19日 | 体験談カテゴリ:泣ける体験談

このページの先頭へ